国際法務(渉外手続)

渉外手続とは、国内のみの手続に対し、外国人や外国にいる日本人が絡むことによって生ずる手続の総称を指します。
例えば、

 
『デラウェア州の会社の子会社を日本に作りたい』
『インドネシアに進出するために、現地で会社を作りたい』
『中国の取引先に会社の登記簿謄本の提出を求められた』
『相続人の一人がタイに在住している』
『被相続人が台湾人で、戸籍が日本で見当たらない』

 
上記のようなことが身近に起こっていませんか?
海外に行くことは、昔に比べ一般的になりました。手続きが日本国内のみにとどまらず、海外にまで及ぶことも出てくるかもしれません。そんなとき、『どうしよう、、』一人で悩まないでください。
あなたのお力になれるかもしれません。
英語・中国語・韓国語圏等、対応いたします。また、ビザ関係については、提携の行政書士さんをご紹介致します。まずはご相談ください。

 

【以下のことでお困りの方、ぜひご相談ください】
☑ 外国企業の子会社や営業所を日本に設置
☑ 日本企業の海外進出支援
☑ 外国企業との取引において登記簿謄本を相手方へ提出
☑ 相続人の一人が海外に在住している
☑ 被相続人又は相続人が外国人である
☑ 英文契約書を和訳して欲しい
☑ 日本人に帰化したい
☑ ビザのことで相談したい

2014-02-23 | Posted in 3国際法務(渉外手続き)No Comments » 

関連記事

Comment





Comment